治療システムの流れ

1.初診時

問診(来院された理由・過去の歯科体験・今後の治療に対する要望など)後、応急処置(お痛みなどの処置)、お時間によっては治療計画のためのレントゲン、口腔内写真、お口の型取りなどをおこないます。

2.カウンセリング

治療計画や治療内容、費用などをお話し、治療の続きもします。

3.治療開始

むし歯や歯周病の治療を経過を診ながらおこないます。

4.治療終了・リコール

治療前、治療後の変化を診ながら、あなたにあった定期検診の時期をきめて、お約束をおとります。

5.定期検診

現状の説明(むし歯や歯周病)、歯のクリーニングなどをおこないます。あなたにあったセルフケアや今後のお話し、もちろん治療が必要な場合は治療をおこなうか、治療のお約束をおとりします。

予防ベースの歯科治療

これまでは「早期発見⇒早期治療」の考え方で治療をしていました。また、来院される方も症状が出て初めて来院し、歯を削られたり、神経をとったり、歯を抜いていました。
しかし、このシステムには限界を感じました。あきデンタルクリニックでは定期的に検診をおこない、「早期発見⇒長期観察」の考え方で、出来る限り、歯を削ることを先送りにしています。なぜなら、慢性の小さなむし歯は削らなくても、セルフケアでむし歯の進行を止め、快適な生活は送れるからです。
あきデンタルクリニックでは、あなたのお口の中から、むし歯ゼロ・歯周病ゼロにすることのみを考えて治療をおこなってはいません。あなたの日常生活において快適心地よい状態であれば、今すぐ治療する必要はないと考えております。
具体的には、「むし歯が原因で神経をとらなくてはいけないくらい痛い状態」にしないこと、「歯周病が原因で歯を抜く」ことがないようにすることです。
また、お子さまにとっても、お菓子甘いものは生活の上できっと楽しみでしょう。それを奪ってまでもむし歯をゼロにしても決して心地よくはないでしょう。それよりも、ご家族とわれわれでいろいろとコミュニケーションをとり、なぜむし歯になってしまったのか?これからどうしていこうか?など、ライフスタイルの見直しセルフケア定期検診予防していくほうが楽しく心地よく生活ができるのではないかと考えております。そして、歯並びをととのえ、素敵な笑顔咬む喜びを得ることで、治療上のデメリットも消え、予防しやすくなるでしょう。

ワクワク楽しい予防歯科

お子さまの予防歯科!

あきデンタルクリニックでは、お子さまの歯はなるべく削らないようにしています。銀歯は入れません。お子さまが歯医者に対してトラウマを作らないように努力しています。そのためには、歯磨きの楽しさ、大切さ、生活習慣からのケアをわかっていただけると、むし歯予防がちゃんとでき、楽しくなると考えております。
歯がツルツルになってうれしいね。フッ素入り歯磨きジェルで歯磨きしたら、キシリトールガム、タブレットを食べて歯を強くしようね!とお話してあげてください。
ここに、来院しても痛くなく、歯がツルツルになって楽しいなとわかれば、お子さまは嫌がりません。そうなったら、歯を強くするフッ素塗布です。そして3ヶ月定期検診です。そうしていくと、自然と生涯、歯医者大好きな子になるでしょう!

大人の予防歯科!

あなたは歯医者が好きですか?ほとんどの人がNoと答えるでしょうね。なぜでしょうか?痛い思い出、削る音、トラウマなどいろいろあるでしょう。わたしも削られるのはイヤですし、削るのもイヤなんです。どうしたら、歯医者が好きになれるでしょうね。歯医者に来て、痛い思いや嫌なことをされなければ。まして、お口の中気持ちすっきりするとしたらどうでしょう。
あなたのライフスタイル定期検診を入れていただければ、だんだんイヤにはならなくなってくるのではないでしょうか。そもそも嫌いになった理由は削られて痛かった思い出がありますよね。痛くないうちに歯のクリーニングがてら、フラッとよっていただければよいと思います。定期検診では、痛いおもいは一切しません。それどころか、歯科衛生士さんに歯をツルツル、ピカピカに磨かれて気持ちよく感動して帰っていただけますよ。ご家庭でのセルフケア定期検診によって快適で心地よい生活を楽しんでください。

歯周病治療

歯周病とは、歯に付着した細菌性プラーク(歯垢)によって引き起こされる感染症です。
ときに歯を支える組織(歯槽骨、歯肉)を喪失させてしまいます。
あきデンタルクリニックにおいて、歯周病の治療目標は、歯肉縁上と縁下の細菌性プラークをコントロールして歯周病の進行を止め、歯周組織への再感染を予防することにあります。さらに、失われた歯周組織の再生が可能であれば、再生させていくことが歯周治療の最終ゴールです。

   

●治療していく上で、最も重要なことは、あなたとわたしたちが協力しなければならないことです。

あなたにしてもらいたいことは、縁上プラークのプラークコントロール(歯磨き)定期検診です。

●なぜプラークコントロールが大切なんでしょうか?

プラーク(歯垢)とは食べ物のカスのように見えますが、実は細菌の塊なのです。細菌とは歯周病を引き起こす歯周病菌や、むし歯を引き起こすむし歯菌などのことです。プラーク1mgの中に1億個以上の細菌が存在します。その細菌を歯磨きで取り除くことによって、歯周病は予防できます。

●もし、この縁上プラークを残しておくとどのようなことが起きるのでしょうか?

縁上にあったプラークは歯と歯肉の間の溝の中に入っていってしまいます。それが縁下プラークと言います。あなたがおこなう歯磨きではこの縁下プラークは除去できません。溝の中に移動したプラークは細菌叢を作り、毒素を出して歯肉から出血させたり、歯を支えている骨を溶かしてしまいます。その状態が“歯周病”です。

●では、この縁下プラークはどうやって除去するのでしょうか?

それは歯科衛生士が超音波スケーラー・手指用スケーラーなどで除去して、縁下のコントロールをしていきます。せっかく縁下プラークを除去しても、縁上のプラークをあなたがコントロールできないと、4〜8週で歯肉縁下の細菌叢は元に戻ってしまいます。そのようにならないためにも、プラークコントロールは大切なのです。

●治療医終了後の定期検診はプラークコントロールに次いで、重要なことです。

 「自覚症状がないので大丈夫!」なんて思ってはいませんか?腫れたり、痛みが出てからでは治療が手遅れになるケースが多いのをご存じですか?そうならないためにも、定期的に検診が重要になってきます。
予防していくためには、ゴールを設定して、継続していきましょう!!
   

 

審美治療

審美治療とは、ただ歯の色を白くすることだけではありません。

インプラント

歯科用インプラントとは天然歯根の代用となるチタンでできた人工歯根のことです。

矯正歯科

小児矯正から成人矯正まで幅広く行っております。 悩んでいることがあれば、何なりと相談してください。相談は無料で行っておりますので、お気軽にどうぞ 。

訪問歯科診療

寝たきりに準ずるかたの、訪問歯科診療です。 治療から、口腔ケア、摂食・嚥下障害のリハビリテーションなどを行います。 ご自分または、ご家族が対象になるかどうかはお気軽にご相談ください。

小児の咬合誘導(床矯正)

矯正治療とは異なり、床によって小児のずれている噛み合わせを正しい方向へ誘導していく治療です。
将来、歯ならびがずれてしまい、お口の中を予防するのに難しくならないように咬合を誘導します。