インプラント

●インプラントとは

 歯科用インプラントとは天然歯根の代用となるチタンでできた人工歯根のことです。 インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込みます。
埋め込まれたインプラントは、平均6〜12週間の治療期間を経て骨にしっかりと結合します。

●インプラント治療の利点

☆取り外し式の入れ歯に代わって、固定式の入れ歯を入れることが出来ます。
☆通常の入れ歯のようなズレや食べ物のかけらが入った時の痛みがなくなります。
☆天然の歯とほとんど同じ感覚で噛めます。
☆自然な外観や表情を取り戻すことができます。
“失われた1本の歯根の代用品”としてインプラントを1本だけ使って失った歯の部分を修復する方法は、もっとも洗練された治療方法であり、審美的にも満足の行く結果がえられます。1本のインプラントによってあたかも自然の天然歯のように自然に感じられます。顎骨の“萎縮”の心配も無く、本来の骨量を維持できます。ブリッジを入れる時のように健康な隣の歯を削る必要がありません。
 臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。
これに対し、インプラントなら天然歯と同様の感覚の“固定式”人工歯を入れることが出来ます。
 下顎の歯が1本も無い場合の修復にはインプラントが良く利用されます。
インプラントのヘッド部をカバー状の維持装置で連結し、その上に取り外し式のいればをしっかりと固定することができます。

 

インプラントQ&A

Q:治療期間はどのくらいかかるのですか?

A:一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが6週間〜24週間かかります。
その後、上に歯を入れることができる場合があります。

Q:治療の間、歯がないところはどうしますか?

A:仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。 見た目にも食事をするにも問題はありません。

Q:手術の際には入院が必要ですか?

A:ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。しかし、普通のインプラント手術でも手術後2〜3日は安静にして下さい。

Q:治療費はどのくらいかかりますか?

A:インプラント治療は自由(自費)診療ですので診療を含め、保険はききません。
使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。 事前によく先生と相談してください。

Q:インプラントの手術は痛いですか?また腫れますか?

A:口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントをいれますので、ほとんど痛みは感じません。処置時間はだいたい30〜120分位です。
ただし、麻酔がきれてからは傷口の痛みが全くないわけではありません。
手術後1〜2日痛みや腫れがでる場合がありますが通常すぐに治ります。

Q:手術後の注意は?

A:1〜2日の腫れてる間は食事がしずらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたい物を避け、ジュースやスープなどの流動食やバランスの優れたベビーフードなどを摂ってください。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいしないで下さい。
また、大きく口を開けたり、笑ったりするのも避けて下さい。
薬は指示通りにきちんと服用して下さい。はみがきは手術当日はやめ、そのあとは先生の指示に従って下さい。

Q:治療の成功率はどれくらいですか?

A:成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者さんに計2359本のインプラントを入れ8年間に渡って追跡調査をした文献報告では、90%以上が全く問題なく機能し続けております。

Q:以前の自分の歯と同じように噛むことはできますか?

A:インプラントは顎の骨としっかりくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくあん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんど物はしっかりと噛めます。
以前の自分の歯以上かもしれません。