訪問歯科診療

訪問診療から思う 口腔ケアの重要性

私達が普段診療室で 来院された方にお話する「口腔ケア」は、口腔疾患(むし歯や歯周病)の予防・改善のための“口腔清掃”が中心です。
訪問診療に出ると、少し視点が変わります。寝たきりの方や、1日のほとんどを車椅子で生活されている方、お口から食事ができない方もいらっしゃいます。
とても不思議なことなのですが、お口から食事をしなくても、お口の中は汚れるんです。抵抗力が弱っていると、その汚れが肺に入り、「誤嚥性肺炎」を起こすことがあります。
また、お口を動かす時間が少なくなると、“食べるため”“話すため”の お口の機能が衰えてきます。骨折の後、ギブスを外すと動かなくなってしまっているのと同じですね。

私達は毎日無意識に「食べ物を飲み込む」動作をしていますが、飲み込むまでの舌の動きをじっくりと観察してみてください。舌は左右に動き、上に押し付け、奥に送りと、上下左右に動き回っている事に気づきます。舌だけでなく、口唇の周りや頬の筋肉、首、のどの筋肉まで、「食べ物を飲み込む」ために 色々な筋肉が活躍しているのです。
また、「よく咬む」事で、唾液の分泌は活発になります。唾液は、口の中をきれいにしたり、粘膜を病気から守ったり、食べ物を飲み込みやすく、消化しやすくします。
改めて考えてみると、人間の体ってすごいですね。
お口の機能が衰えると、食事が飲み込みにくくなったり、むせやすくなったりします。
この「嚥下障害」は、加齢によっても起こります。介護予防のためにも、“口から食べる力”を維持することは、私たち人間にとってとても大切なことなのです。

訪問診療を通じて私たちが思うのは、口腔ケアは口腔疾患を予防・改善するだけでなく、肺炎等の全身疾患を予防し、「食べる」「話す」といった お口の機能を維持・回復することを目的に行います。それは、一人一人のQOL(生活の質)につながり、生きるためにとても大切な事です。歯磨きの仕方やリハビリ方法は一人一人の状態によって異なります。その方に合ったお手伝いができるよう、日々勉強し 対応できればと思っています。

訪問歯科診療申込書(PDF:10KB)

※訪問歯科診療申込書は印刷用にPDF形式ファイルで配布しております。PDFファイルを閲覧するにはAdobeR Reader(R)(もしくは Adobe Acrobat(R) Reader)が必要です。お使いのパソコンにAdobe Readerがインストールされてない方はAdobe Readerのロゴをクリックし、 Adobeのホームページより無償配布されているAdobe Readerをダウンロードして下さい。
Adobe ReaderをダウンロードするAdobe Reader